8月, 2014

車買取ではリサイクル料金はどうなるか

車買取を検討している人々の中には、リサイクルの為の支払いが気になっている方もいらっしゃいます。
支払いというのは、車の処分に関するものです。車を廃棄する時などはリサイクルに関する法律があります。その法律により、車を保有している方は処分の為の料金を支払う必要があります。

ところでその料金を支払うのは、車を「処分」した時です。つまり廃車の手続きなどで車を処分するとなると、料金が発生する事になるのです。
では車を売った場合にも支払う事になるかというと、そうではありません。

例えばAさんが車を売ったとしましょう。そしてBさんという人がAさんが持っていた車を買ったとします。するとリサイクル料金の支払い義務は、今度はBさんに移るのです。

ではAさんが車を購入した時に支払ったリサイクル料金はどうなるかと言うと、戻ってきます。厳密に言うと、BさんからAさんに支払われる事になるのです。最終的に処分をする人は、Bさんだからです。Aさんが廃車にしている訳ではないからです。
ところでAさんは車買取業者C社に対して車を売ったとします。その際にC社から、査定金額は30万円ですと提示されたとしましょう。その30万円の中には、リサイクル料金は含まれているのでしょうか。

含まれている場合と、そうでない場合があります。業者によっては含まれている事もあるのですが、含まれていない場合は後日になってBさんからAさんに支払われるそうなのです。ですのでAさんとしては、C社に車買取を行った時には「査定金額の中にリサイクル料金は含まれているのですか」と確認をしておくべきだと思います。
車買取の業者で買い取りが成立するとリサイクル券が必要になるのは、上記のような事情がある訳ですね。
>コペン 買取

カテゴリー
お気に入り